ザ・レジデンス・アット・ワイキキビーチタワーの宿泊について

ザ・レジデンス・アット・ワイキキビーチタワーは我が家のハワイ旅行で、子連れ家族旅行の際に2回利用しました経験からもお勧めの豪華コンドミニアムです。

 

ホテルのロケーションといい、部屋からのワイキキビーチの眺望といいまったく申し分のない豪華コンドミニアムで、宿泊する部屋の広さからホテルの滞在よりも快適でゴージャスな雰囲気があるためリゾート滞在がとても楽しめます。

 

ワンフロアーに4部屋しかないという贅沢な作りの部屋のラナイからは、パーシャルオーシャンビューの部屋以外の部屋からは海が一望でき、ドーンと目の前に広がるワイキキの海の景色はハワイに来たと実感させてくれるすばらしいもので、1日中ラナイで眺めていても飽きないほどのすばらしい景色となっています。

 

祖父母との3世代でのハワイ旅行で我が家も利用しましたが、6人での利用でもまったく問題ない広さが2ベットルームの部屋にはあります。

 

2人はリビングルームのソファーベッドに寝ることになりますが、広いリビングルームで優雅に寝るのも結構良いものです。

 

せっかく豪華コンドミニアムに宿泊するのですから、優雅に暮らすといった雰囲気を味わえるフルキッチンでの家族での料理も楽しいものです。

 

もちろんビーチタワーには食器から調理器具まで料理に必要なものは全てそろっています。

 

炊事は食器などを洗うのがめんどうと思われるかもしれませんが、大型の食器洗い機が完備されていますので食器や調理道具を突っ込んで洗い、後は乾燥したらしまうだけですから楽なものです。

 

部屋からの眺望がすばらしいので、レストランの料理をテイクアウトして部屋でゆっくり食べるのもおすすめで、部屋であれば小さな子連れであっても気遣うことなくゆっくりと食事が楽しめます。

 

メイドサービスが1日2回ありますので、食器などの洗い物までしてもらうこともできます。

 

我が家は家族旅行でハイアットリージェンシーのコネクティングルームも利用しましたが、ワイキキのホテルの2部屋をコネクティングルームとして使用するよりも、ワイキキビーチタワーの部屋の方が開放感もあり、ゆったりとした滞在が楽しめました。

 

一度この部屋の広さを経験しますと狭い部屋に宿泊したくなくなります。

部屋のカテゴリーと間取りについて

ワイキキビーチタワーの部屋のカテゴリーは次となっています。

 

 

1ベッドルーム・オーシャンビュー

 

ベッドルームにはキングベッド1台とリビングルームにソファーベッドがある広さ100uの部屋です。

 

最大宿泊人数は4人となっています。

 

 

1ベッドルーム・オーシャンビュー・デラックス

 

ベッドルームにはキングベッド1台とリビングルームにソファーベッドがある広さ100uの部屋です。

 

最大宿泊人数は4人となっています。

 

1ベッドルームは各1室しかありません。

 

 

2ベッドルーム・オーシャンビュー

 

キングベッド1台とシングルベッド2台の2つのベッドルームとリビングルームにソファーベッドがある広さ115uの部屋です。

 

最大宿泊人数は6人となっています。

 

 

2ベッドルーム・オーシャンビュー・デラックス

 

キングベッド1台とシングルベッド2台の2つのベッドルームとリビングルームにソファーベッドがある広さ115uの部屋です。

 

最大宿泊人数は6人となっています。

 

 

2ベッドルーム・オーシャンフロント

 

キングベッド1台とシングルベッド2台の2つのベッドルームとリビングルームにソファーベッドがある広さ115uの部屋です。

 

最大宿泊人数は6人となっています。

 

 

2ベッドルーム・オーシャンフロント・デラックス

 

キングベッド1台とシングルベッド2台の2つのベッドルームとリビングルームにソファーベッドがある広さ115uの部屋です。

 

最大宿泊人数は6人となっています。

 

部屋は7階から24階となります。

 

 

2ベッドルーム・プレミアム・オーシャンフロント

 

キングベッド1台とシングルベッド2台の2つのベッドルームとリビングルームにソファーベッドがある広さ115uの部屋です。

 

最大宿泊人数は6人となっています。

 

 

2ベッドルーム・プレミアム・オーシャンフロント・デラックス

 

キングベッド1台とシングルベッド2台の2つのベッドルームとリビングルームにソファーベッドがある広さ115uの部屋です。

 

最大宿泊人数は6人となっています。

 

 

2ベッドルーム・ペントハウス

 

36階から38階の部屋です。

 

キングベッド1台とシングルベッド2台の2つのベッドルームとリビングルームにソファーベッドがある広さ115uの部屋です。

 

最大宿泊人数は6人となっています。

 

 

2ベッドルーム・ペントハウス・デラックス

 

36階から38階の部屋です。

 

キングベッド1台とシングルベッド2台の2つのベッドルームとリビングルームにソファーベッドがある広さ115uの部屋です。

 

最大宿泊人数は6人となっています。

 

 

2ベッドルーム・プレジデンシャル・スイート

 

最上階の39階にある部屋です。

 

キングベッド1台とシングルベッド2台の2つのベッドルームとリビングルームにソファーベッドがある広さ115uの部屋です。

 

最大宿泊人数は6人となっています。

 

 

2ベッドルーム・プレジデンシャル・スイート・デラックス

 

最上階の39階にある1室しかない最上級の部屋です。

 

キングベッド1台とシングルベッド2台の2つのベッドルームとリビングルームにソファーベッドがある広さ115uの部屋です。

 

最大宿泊人数は6人となっています。

 

ワイキキビーチタワーの間取りについてですが、一番多い間取りは2ベッドルームの部屋です。

 

103室中の101室が 2ベッドルームとなります。

 

我が家ではこの間取りで祖父母と子供2人の6名で利用していました。

 

ベッドルームは2部屋あり比較的広いマスターベッドルームと少し狭いゲスト用のベッドルームとなっています。

 

ゲスト用のベッドルームとそれに付随しますトイレバスルームは祖父母に使用してもらっていました。

 

ゲストルームのベッドはシングルベッドが2台となっています。

 

メインベッドルームはキングベッド1台となっていますので、夫婦と子供が小さく添い寝できる方は3〜4人で利用することができます。

 

子供がある程度大きい方でしたら、リビングにありますソファーが夜にはソファーベッドとして利用できますので、こちらを利用すれば十分に6人での利用でも滞在できます。

 

通常のホテルの2室をつなげて使用するのとはまったく違い、家族でハワイの別荘で暮らしているといった雰囲気が味わえるのが、ワイキキビーチタワーの間取りなのです。

 

ではビーチタワーの2ベッドルームがどれほどの広さかということですが、我が家が家族4人で使用したハイアットリージェンシーのコネクティングルームが1部屋で37uですから2部屋では74uです。

 

それに比べてワイキキビーチタワーの2ベッドルームの広さは115uと1.5倍以上なのです。

 

間取り図はホームページにありますのでそちらで確認すると良いと思います。

 

部屋は各階に4部屋のみとなっていて、ダイアモンドヘッド側から01、02、03、04となっています。

 

01と04ユニットはベッドルームが2ヶ所とも山側となっていますが、02、03ユニットはビーチ側にメインベッドルームがあることから、ベッドからもすばらしい景色を楽しむことができます。

 

01ユニットはリビングダイニングがすばらしい景色のラナイに面しています。

 

04ユニットはキッチンがラナイに面していますのでせっかくの景色がもったいない気がします。

 

素人調査隊のお気に入りは01ユニットで、リビングダインイング部分が広々としていますので部屋での日中の滞在も楽しめてしまうのです。

宿泊を避けたい部屋について

ワイキキビーチタワーに宿泊の際の部屋選びで注意点が一つだけあります。

 

それはワイキキビーチタワーの前にはサークル型のホテルがありますので、16階以下の低層階や一部の部屋ではワイキキビーチの眺望が妨げられてしまっています。

 

この部屋はワイキキビーチの眺望がワイキキサークルホテルによって眺望が妨げられている部屋となっています。

 

リーズナブルと思えるツアーでワイキキビーチタワーを利用する場合は、この眺望が劣る部屋利用となることもありますので注意が必要です。

 


アストン ワイキキ ビーチ タワー (トリップアドバイザー提供)

 

 

 

ワイキキビーチタワーに宿泊のツアーを選ぶ時には部屋のカテゴリーをしっかりチェックすることをお勧めします。

 

ワイキキサークルホテルよりも高い階の部屋であれば眺望が遮られることはないため、すばらしいワイキキビーチの景色が広がります。

 

せっかくワイキキビーチタワーに宿泊するのでしたら、やはり高層階の眺望がすばらしい部屋に宿泊したいものです。

 

すばらしいワイキキの景色を部屋から堪能するにはデラックスオーシャンフロントであれば20階以上か、プレミアムオーシャンフロントの部屋がお勧めです。

リノベーション後の部屋の様子


アストン ワイキキ ビーチ タワー (トリップアドバイザー提供)

 


アストン ワイキキ ビーチ タワー (トリップアドバイザー提供)

 


アストン ワイキキ ビーチ タワー (トリップアドバイザー提供)

 


アストン ワイキキ ビーチ タワー (トリップアドバイザー提供)

 


アストン ワイキキ ビーチ タワー (トリップアドバイザー提供)

 


アストン ワイキキ ビーチ タワー (トリップアドバイザー提供)

 


アストン ワイキキ ビーチ タワー (トリップアドバイザー提供)

 


アストン ワイキキ ビーチ タワー (トリップアドバイザー提供)

 


アストン ワイキキ ビーチ タワー (トリップアドバイザー提供)

 


アストン ワイキキ ビーチ タワー (トリップアドバイザー提供)

 


アストン ワイキキ ビーチ タワー (トリップアドバイザー提供)

 


アストン ワイキキ ビーチ タワー (トリップアドバイザー提供)

 

ホスピタリティルームについて

ワイキキビーチタワーのチェックイン時間は通常午後3時ですからハワイに午前中に到着した方は部屋に入れる時間まで待たなければなりません。

 

ハワイは時差により到着時は睡眠不足の方も多いと思います。

 

ホテルのロビーのソファーで横になっている方をよく見かけます。

 

ワイキキビーチタワーにはそういった方のために4階ホスピタリティルームとしてチェックイン前に利用できるアロハラウンジがあります。

 

部屋にはソファーやテレビがあり、飲み物も用意されています。

 


アストン ワイキキ ビーチ タワー (トリップアドバイザー提供)

 


アストン ワイキキ ビーチ タワー (トリップアドバイザー提供)

プールとサンデッキについて

プールは4階にあります。

 

寒い日でも利用できる温水プールですがそれほど大きいプールではありません。

 

ジャグジーもありますがプールからはワイキキビーチ方面の眺望はあまりよくありません。

 

サンデッキにはチェアやビーチベッドも用意がされています。

 

またとても浅い子供用プールもあります。

 


アストン ワイキキ ビーチ タワー (トリップアドバイザー提供)

 

ビーチが目の前のコンドミニアムですから海に行くのがおすすめです。

 


アストン ワイキキ ビーチ タワー (トリップアドバイザー提供)

 


アストン ワイキキ ビーチ タワー (トリップアドバイザー提供)

 


アストン ワイキキ ビーチ タワー (トリップアドバイザー提供)

 


アストン ワイキキ ビーチ タワー (トリップアドバイザー提供)

 

 

サンデッキ

 

サンデッキには宿泊者であれば利用できるバーベキューグリルがセットされています。

 

肉やシーフードなどを買い込んでバーベキューを楽しむのもおすすめです。

 

BBQグリルの使用は予約が必要です。

 


アストン ワイキキ ビーチ タワー (トリップアドバイザー提供)

 


アストン ワイキキ ビーチ タワー (トリップアドバイザー提供)

 


アストン ワイキキ ビーチ タワー (トリップアドバイザー提供)

 


アストン ワイキキ ビーチ タワー (トリップアドバイザー提供)

 

 

バーベキューコーナー

 


アストン ワイキキ ビーチ タワー (トリップアドバイザー提供)

 

 

4階にはフィットネスルームもあります。

 


アストン ワイキキ ビーチ タワー (トリップアドバイザー提供)

 


アストン ワイキキ ビーチ タワー (トリップアドバイザー提供)

ロビーについて

改装によりロビーも新しくなりました。

 


アストン ワイキキ ビーチ タワー (トリップアドバイザー提供)

 

 


アストン ワイキキ ビーチ タワー (トリップアドバイザー提供)

 

日本語対応もしっかりしてくれますので安心です。



楽天トラベルのハワイ旅行での情報
ハワイ旅行を個人手配する方で、ハワイのホテルにお得に宿泊できるプランをお探しの方にお勧めななおが楽天トラベルの宿泊プランです。 特別レートや連泊での割引、朝食付きプランなどを探すことができます。
宿泊するホテルの部屋をオーシャンビューなどにアップグレードしてくれるプランのあるハワイのホテルの情報です。 せっかくのハワイ旅行ですから、海の景色が楽しめる部屋で滞在を楽しみたいものです。
ハワイ旅行を快適で豪華に楽しみたいのであれば、ビジネスクラスでの移動はとてもお勧めです。 飛行機に乗った瞬間からハワイ旅行を優雅に楽しむことができます。
ハワイ旅行を個人手配旅行で楽しむには、楽天トラベルで航空券とホテルの宿泊を合わせて手配すればとても簡単にすることができてしまいます。
お徳なハワイ旅行に欠かせない格安航空券はこちらにて探すことができます。楽天トラベルでしたら安心してハワイへの格安航空券が手配できます
ハワイ旅行でロコになる準備
あれも食べたいし
これも全部やろう
ダイヤモンドヘッドの日の出からショッピングまでアクティブに
そして明日のことなど考えないで足を延ばしてノースショアまで
今の私だからできる旅がここにあります
この記事では楽天に掲載されている商品をご紹介させていただいています



サイトは素人調査隊がグアム旅行の際に体験したことや、調べた時点の情報となっています。
記事内容が最新の情報と違っている場合がありますのでご容赦ください。
サイトの記事等で問題がございましたら訂正させて頂きます。
大変申し訳ございませんがご連絡を頂けます様よろしくお願いいたします。
連絡先
sutekinatabinotomo@yahoo.co.jp
TOPへ