日本とハワイの現在時間

日本とハワイの時差は19時間あり、日本の時間よりもハワイの方が19時間遅れています。

 

あなたが日本でランチを食べるお昼の12時にハワイに電話するとしますと、ハワイ19時間遅れですからまだ前日の午後5時ということになります。

 

逆にハワイ旅行中に日本の家族へ電話する場合で、朝起きて午前8時の朝食の時間に電話をしますと日本は19時間進んでいますから深夜の午前3時ということになり、迷惑な電話となってしまいます。

 

日本でハワイの時間を計算する方法

 

ハワイ時間:日本時間 + 5時間

 

日付:1日前

 

簡単な方法は日本時間に5時間を足して、日付だけ1日前にするだけです。

 

ハワイで日本の時間を計算する方法

 

日本時間:ハワイ時間 - 5時間

 

日付:1日後

 

簡単な方法はハワイ時間から5時間を引いて、日付を1日後にするだけです。

 

早見表はこちらになります

 

日本時間に対するハワイ時間

 

日本時間 ハワイ時間
〇日午前1時 前日午前6時
〇日午前2時 前日午前7時
〇日午前3時 前日午前8時
〇日午前4時 前日午前9時
〇日午前5時 前日午前10時
〇日午前6時 前日午前11時
〇日午前7時 前日午前12時
〇日午前8時 前日午後1時
〇日午前9時 前日午後2時
〇日午前10時 前日午後3時
〇日午前11時 前日午後4時
〇日午前12時 前日午後5時
〇日午後1時 前日午後6時
〇日午後2時 前日午後7時
〇日午後3時 前日午後8時
〇日午後4時 前日午後9時
〇日午後5時 前日午後10時
〇日午後6時 前日午後11時
〇日午後7時 前日午後12時
〇日午後8時 当日午前1時
〇日午後9時 当日午前2時
〇日午後10時 当日午前3時
〇日午後11時 当日午前4時
〇日午後12時 当日午前5時

 

ハワイ時間に対する日本時間

 

ハワイ時間 日本時間
〇日午前1時 当日午後8時
〇日午前2時 当日午後9時
〇日午前3時 当日午後10時
〇日午前4時 当日午後11時
〇日午前5時 当日午後12時
〇日午前6時 翌日午前1時
〇日午前7時 翌日午前2時
〇日午前8時 翌日午前3時
〇日午前9時 翌日午前4時
〇日午前10時 翌日午前5時
〇日午前11時 翌日午前6時
〇日午前12時 翌日午前7時
〇日午後1時 翌日午前8時
〇日午後2時 翌日午前9時
〇日午後3時 翌日午前10時
〇日午後4時 翌日午前11時
〇日午後5時 翌日午前12時
〇日午後6時 翌日午後1時
〇日午後7時 翌日午後2時
〇日午後8時 翌日午後3時
〇日午後9時 翌日午後4時
〇日午後10時 翌日午後5時
〇日午後11時 翌日午後6時
〇日午後12時 翌日午後7時

 

 

でもそんな計算をしなくても今のハワイ時間にたいしての日本時間を知ることができる時計を設置しました。

 

現在のハワイの時間に対してのハワイ時間は次となります。

 

ハワイの現在時間

 

ホノルル

 

 

 

日本の現在時間

 

日本

 

 

日本とハワイの時差は19時間となっているのがわかります。

 

 

デユアルタイム時計は便利

以前私がハワイ旅行の際に飛行機の機内で購入した2か所の地点の時間が表示できる時計がとても便利だったので。

 

時計の文字盤にハワイと日本の2ヶ所の場所の時刻を表示できる時計です。

 

これでしたら海外旅行の際に2か所の時間を表示してくれるので見ただけでわかります。

 

時計によってはボタンを押して切り替えるものもありますが、操作をしなくてもハワイと日本の現在時間をすぐに見ることができるのは私にはとても便利でした。

 

もちろん時計はハワイだけでなく海外のどの場所での使用もできます。

 

また、時計のメインには日本の時刻、サブにはハワイ時間を設定しておいてハワイ旅行をした後もそのまま時計を使っていますとなぜかハワイ時間がいつも手元にあって、ハワイを感じることができて帰国後も楽しめました。

 

 

ダブルフェイスの腕時計です。

 

 

 

 

時間指定してメールを送る

電話は日本の時間を確認してからかければ良いのですが、メールはどうしようか考えます。

 

もちろんメールも日本時間を考えてからメールをすれば良いのですが、事前に送信時間を指定して送ることができれば便利です。

 

私はiPhoneなのですが、残念ながらiPhoneには予約送信機能はありません。

 

そのためiPhoneで予約送信を使いたいのであれば専用アプリを使うことが必要となります。

 

iPhoneだけでなくAndroidを利用の方でも無料でメールの予約送信ができるアプリがありますのでこれを使えば便利です。。

時差ぼけ予防の機内での過ごし方

ハワイ旅行の際に問題となるのが19時間もある時差に体が対応できない時差ぼけです。

 

日本を夜に出発の飛行機に乗りますと、ハワイに到着するのは時差により出発当日の朝となります。

 

日本からの機内で夕食と朝食が出てきますし、映画を見てしまうとほとんで寝ていないという状態となります。

 

実際のフライト時間で説明します。

 

日本の空港発

 

午後8:00

 

安定高度到達

 

夕食の機内食サービス

 

就寝時間

 

ハワイの空港到着1時間前

 

朝食の機内食サービス

 

ハワイの空港到着

 

午前8:40

 

飛行時間は7時間40分です。

 

機内食をしっかり食べますと夕食と朝食で3時間ほどとなります。

 

寝るまで食後1時間ほど休憩をしますと睡眠時間は3時間10分となります。

 

ハワイの空港に到着する時間は日本の空港を出発した翌日午前3時40分となります。

 

睡眠時間が足りない状態でハワイに到着し、1日が始まるのです。

 

機内食を食べたり映画を見るのを我慢すればハワイまでの飛行時間はそのまま寝ることができます。

 

ハワイ旅行上級者は日本からの飛行機に乗る前に夕食を済まして、機内ではしっかり寝てハワイの朝に到着ということをしています。

 

7時間ほどの睡眠を取っていれば午前8時のハワイ到着から活動するのはまったく問題ありません。

 

 

寝不足でハワイに到着しますとホテルにチェックインして寝たくなってしまいます。

 

午前10時にホテルに入り6時間ほど寝るとしましょう。

 

元気になって動き出すのは午後4時となります。

 

その後夕食と観光をしても元気なので深夜になっても寝ることができないかもしれません。

 

寝付くのは午前3時としますと翌日の朝は睡眠不足で観光がスタートとなります。

 

これで時差ボケが決定的となってしまいます。

 

体がハワイ時間に慣れた頃には日本への帰国となってしまいます。

 

時差ボケにならない一番の方法はハワイまでの機内でできるだけ睡眠時間を増やすことです。

 

 

 

 

 

 

 



楽天トラベルのハワイ旅行情報
ハワイ旅行を個人手配する方で、ハワイのホテルにお得に宿泊できるプランをお探しの方にお勧めななおが楽天トラベルの宿泊プランです。 特別レートや連泊での割引、朝食付きプランなどを探すことができます。
宿泊するホテルの部屋をオーシャンビューなどにアップグレードしてくれるプランのあるハワイのホテルの情報です。 せっかくのハワイ旅行ですから、海の景色が楽しめる部屋で滞在を楽しみたいものです。
ハワイ旅行を快適で豪華に楽しみたいのであれば、ビジネスクラスでの移動はとてもお勧めです。 飛行機に乗った瞬間からハワイ旅行を優雅に楽しむことができます。
ハワイ旅行を個人手配旅行で楽しむには、楽天トラベルで航空券とホテルの宿泊を合わせて手配すればとても簡単にすることができてしまいます。
お徳なハワイ旅行に欠かせない格安航空券はこちらにて探すことができます。楽天トラベルでしたら安心してハワイへの格安航空券が手配できます
ハワイ旅行でロコになる準備
あれも食べたいし
これも全部やろう
ダイヤモンドヘッドの日の出からショッピングまでアクティブに
そして明日のことなど考えないで足を延ばしてノースショアまで
今の私だからできる旅がここにあります
この記事では楽天に掲載されている商品をご紹介させていただいています



サイトは素人調査隊がグアム旅行の際に体験したことや、調べた時点の情報となっています。
記事内容が最新の情報と違っている場合がありますのでご容赦ください。
サイトの記事等で問題がございましたら訂正させて頂きます。
大変申し訳ございませんがご連絡を頂けます様よろしくお願いいたします。
連絡先
sutekinatabinotomo@yahoo.co.jp
TOPへ