ハワイ旅行で行きたい食べたいお勧めのスイーツとお店の場所について教えます

ハワイ旅行で行きたい食べたいお勧めのスイーツとお店の場所について教えます

マラサダのお店について

ハワイで人気の定番スイーツのマラサダはポルトガル発祥のふんわりしたドーナッツです。

 

外側はカリッとしているのですが、中はふんわりとしている食感がたまりません。

 

ハワイのローカルは子供の頃から食べていますので定番のスイーツとなっています。

 

日本人にも揚げドーナッツのようなマラサダは懐かしい味と感じる方も多いと思います。

 

ハワイ旅行の際には絶対食べたい定番スイーツです。

 

マラサダはその美味しさとフワフワの食感が癖になりますので、食べだしたら止まりません。

 

そのためローカルの方はマラサダがたくさん入った箱買いする人が多いのです。

 

シンプルな材料で作るマラサダですが、同じマラサダでもお店によって食感と味が違いますので、食べ比べて好きなマラサダを見つけましょう。

 

ハワイで行きたいマラサダのお店は次となります。

 

レナーズベーカリー

 

ハワイでNO.1のマラサダと言われるのが1952年創業の老舗のレナーズベーカリーです。

 

オプショナルツアーにも組み込まれるほどの人気店で、リピーターは1ダースの箱買をするお店です。

 

カリカリで中がフワフワのマラサダは出来立てがやはり美味しいと思います。

 


レナーズ ベーカリー (トリップアドバイザー提供)

レナーズ ベーカリー (トリップアドバイザー提供)

レナーズ ベーカリー (トリップアドバイザー提供)

 

リリハ・ベーカリー

 

リリハ・ベーカリーは名物のココパフで一躍有名となったのですが、マラサダもとても美味しいのです。

 

ハウピア・マラサダやリリコイ・マラサダは是非ココパフといっしょに食べて頂きたいと思います。

 

1号店はベーカリーと共にお店の半分はアメリカンダイナーとなっています。

 

朝やお昼にダイナーで食事を楽しんだ後のデザートとしてマラサダを頂くのもお勧めです。

 

2号店はカフェコーナーとベーカリーコーナーに分かれます。

 

マラサダやココパフだけでなくカップケーキやデニッシュやパンも美味しいのでお試しください。

 


リリハ ベーカリー (トリップアドバイザー提供)

リリハ ベーカリー (トリップアドバイザー提供)

リリハ ベーカリー (トリップアドバイザー提供)

 

カメハメハ・ベーカリー

 

カメハメハ・ベーカリーではハワイらしいタロイモを使用したポイ・グレーズド・マラサダがありますが、タロイモのおかげでしっとりとしているのですがフワフワの食感がとても特徴的です。

 

朝は2時や3時という早朝から営業をしていることから、午前9時には売り切れてしまうこともある程の人気ぶりで、朝早くからロコが購入のための行列を作っています。

 

通常出来立てのマラサダが特に美味しいのですが、カメハメハ・ベーカリーのポイ・グレーズド・マラサダは冷めてもとても美味しいのです。

 


カメハメハベーカリー インコーポレイテッド (トリップアドバイザー提供)

カメハメハベーカリー インコーポレイテッド (トリップアドバイザー提供)

カメハメハベーカリー インコーポレイテッド (トリップアドバイザー提供)

カメハメハベーカリー インコーポレイテッド (トリップアドバイザー提供)

シェイブアイスとアイスクリーム

ハワイ版のかき氷がシェイブアイスで、特にハワイらしい色のレインボーカラーのシェイブアイスが人気です。

 

シェイブアイスもお店によって違っていて、さらっとした食感と共にこだわりのあるオリジナルのシロップやトッピングを楽しむことができます。

 

暑いハワイでヒンヤリスイーツのシェイブアイスは必需品です。

 

モンサラットシェイブアイス

 

モンサラットシェイブアイスは手作りシロップの美味しさからハワイだけでなく日本にも進出したシェイブアイスのお店です。

 

シロップはオーガニックやハワイ産にこだわり、人工着色料などの添加物は使われていません。

 

そのためモンサラットのシェイブアイスはフルーツ本来の味を楽しめるものとなっています。

 

美味しいフルーツとアイスクリームとシェイブアイスのコラボレーションは最高です。

 

そのためお勧めのシロップはその時期が旬のフルーツのシロップです。

 

旬のフルーツ以外の定番メニューはマイヤーレモン、パイナップル、パパイヤ、いちごミルク、抹茶金時、あずきミルク、抹茶ミルク、100%コナコーヒーミルクとなっています。

 


モンサラットアベニューシェイブアイス (トリップアドバイザー提供)

モンサラットアベニューシェイブアイス (トリップアドバイザー提供)

 

フロストシティ

 

ハワイでも台湾式のふわふわの綿のようなかき氷を楽しむことができます。

 

台湾式シェイブアイスは削った氷の上にフレーバーをかけるのではなく、フレッシュフルーツを凍らせてそれを削って作るそうなのです。

 

シェイブアイスの氷のシャリシャリ感ではない薄く削った氷の食感は新しい触感を感じることができます。

 


Frostcity (トリップアドバイザー提供)

Frostcity (トリップアドバイザー提供)

Frost City (トリップアドバイザー提供)

カップケーキについて

ホクラニベイクショップ

 

ハワイにはアメリカ本土まで美味しいということで名前が知られているカップケーキ屋があります。

 

アメリカのスイーツといいますととても甘いというイメージですが、ホクラニベイクショップのカップケーキは甘さも日本人に合う甘さとなっています。

 

トッピングは13種類ほどもあり、選ぶのに迷ってしまいそうです。

 

どれもかわいいので食べるのがもったいなくなってしまいそうです。

 


ホクラニ ベイクショップ (トリップアドバイザー提供)

ホクラニ ベイクショップ (トリップアドバイザー提供)

フルーツについて

高橋果実店

 

高橋果実店では名物のその季節に美味しいフルーツの盛り合わせが販売されていて、そのフルーツの美味しさは別格です。

 

生のフルーツだけでなく、フルーツの美味しさを十分に味わうことができるフルーツを贅沢に使ったシャーベットやアイスクリームもお勧めです。

 

ハワイに6月から8月に行かれるのでしたら是非味わいたいフルーツが完熟のパパイヤとマンゴーです。

 

それ以外の時期でも美味しいパイナップルやキウイ、苺を高橋果実店では頂くことができます。

 

新鮮なカットフルーツはハワイの朝食にもお勧めです。

 


ヘンリーズ・プレイス(高橋果実店) (トリップアドバイザー提供)

ヘンリーズ・プレイス(高橋果実店) (トリップアドバイザー提供)

ヘンリーズ・プレイス(高橋果実店) (トリップアドバイザー提供)

 

ハワイアン・クラウン・プランテーション

 

ハワイの自家農園で栽培され、直送された新鮮なパイナップルやトロピカルフルーツを手軽に味わうことができるお店がハワイアン・クラウン・プランテーションです。

 

特に食べて頂きたいのが完熟パイナップルのスイート・ゴールドです。

 

日本で食べるパイナップルとはまったく違うジューシーさと甘みは食べてみると美味しさに驚きます。

 

その美味しいパイナップルと共にマカダミアナッツやアップルバナナを使ったアサイーボウルやフレッシュジュースもお勧めです。

 

ハワイのフルーツの美味しさをしっかり味わうのにはお勧めのお店です。

 


ハワイアン クラウン プランテーション (トリップアドバイザー提供)

ハワイアン クラウン プランテーション (トリップアドバイザー提供)

ハワイアン クラウン プランテーション (トリップアドバイザー提供)

 

バナン

 

バナナを使った冷たいスイーツで人気のお店がバナンです。

 

バナンとはバナナのことで、バナナをベースとしたスイーツをフードトラックのお店で販売し始めたのですが、ロコにも人気が高いことから今ではワイキキにもお店があります。

 

スイーツの原料はオーガニック食材にこだわり、そしてハワイのバナナやパパイヤ、パイナップルなどが使われ、地産地消にもこだわったお店なのです。

 

アイスクリームもミルク(牛乳)不使用のためアレルゲンフリーでヘルシーなものとなっています。

 

アメリカンなスイーツの甘さは日本人には甘すぎるのですが、バナンのスイーツは日本人にも合う甘さです。

 


バナン (トリップアドバイザー提供)

バナン (トリップアドバイザー提供)

サイト管理

サイトは素人調査隊がグアム旅行の際に体験したことや、調べた時点の情報となっています

記事内容が最新の情報と違っている場合がありますのでご容赦ください

サイトの記事等で問題がございましたら訂正させて頂きます

大変申し訳ございませんがご連絡を頂けます様よろしくお願いいたします

連絡先

sutekinatabinotomo@yahoo.co.jp