---------------- スポンサーリンク ----------------

パールリッジセンターは遠かった

 家族でのハワイ旅行の際に子供がトイザラスに行きたいと滞在中のある日の午後突然言いましたので、先回はレンタカーで行ったのですが今回はザ・バスで行くことにしました。

 

 パールリッジセンター近くのバス停からは大きな駐車場を歩いていくのですが、やはり車で来る方が多いと感じ、バスで向かうのは私たち家族だけでした。

 

 ワイキキからは結構な時間がかかり、ショッピングにも時間をかけましたので、バスで帰ってくるときにはもう真っ暗となっていました。

 

 バス停近辺も暗く少し心細かったのです。

 

 パールリッジセンターにバスで行かれるのであれば、やはり明るい時間がお勧めです。

 

 パールリッジセンターは広いのでショッピング時間も含めますと4時間は最低でも必要となるのではないでしょうか。

 

 我が家は、行きは乗り継ぎのいらない42番バスで行きました。

パールリッジセンターへの行き方その1

 乗り継ぎをしないでザ・バスでパールリッジセンターまで行く方法は42番バス、または20番バスで行く方法です。

 

 本数があまりありませんので、時刻表を確認してからの利用をしましょう。

 

 バスに乗るためにクヒオ通りのバス停まで行き42番バスEWA BEACH via Arizona Memorialに乗ります。

 

 乗車したバス停がKuhio Ave + Seaside Aveであれば下車するバス停のKamehameha Hwy + Pali Momi Stは55番目で、1時間15分の乗車となります。

 

 20番バスAirport ? Pearlridgeでも乗り継ぎなしで行くことができ、乗車したバス停がKuhio Ave + Seaside AveであればKamehameha Hwy + Pali Momi Stのバス停は59番目で1時間21分の乗車となります。

 

スポンサードリンク

-------- スポンサードリンク -------

パールリッジセンターのバス停

 パールリッジセンターの敷地が大きいので、敷地に隣接したバス停はKamehameha Hwy +Kaonohi Stもあります。

 

 行かれる場所によって近くのバス停を選ばれると良いでしょう。

 

パールリッジセンターへの行き方その2

 ワイキキの西側に滞在している方であれば、カピオラニ・ブルーバードのKapiolani Bl + McCully Stのバス停でAバスCityExpress! WAIPAHUに乗車すれば、下車するバス停のKamehameha Hwy + Pali Momi Stは19番目で、44分の乗車となります。

 

帰り方について

 帰りはKamehameha Hwy + Opp Kaonohi Stのバス停から42番バスWaikiki Beach & Hotelsに乗るか、パールリッジセンター北側にあるモアナルア・ロードにありますKaonohi St + Moanalua Rdのバス停から20番バスWaikiki Beach & Hotelsに乗車すれば1時間10分ほどでクヒオ通りのバス停まで戻ってくることができます。

 

 また、カピオラニ・ブルーバードのKapiolani Bl + McCully Stのバス停までで良い方は、Kamehameha Hwy + Opp Kaonohi Stのバス停からAバスCityExpress UH MANOAに乗車すれば50分ほどで戻ることができます。

楽天トラベルのハワイ旅行での情報

ハワイ旅行を個人手配する方で、ハワイのホテルにお得に宿泊できるプランをお探しの方にお勧めななおが楽天トラベルの宿泊プランです。 特別レートや連泊での割引、朝食付きプランなどを探すことができます。
宿泊するホテルの部屋をオーシャンビューなどにアップグレードしてくれるプランのあるハワイのホテルの情報です。 せっかくのハワイ旅行ですから、海の景色が楽しめる部屋で滞在を楽しみたいものです。
ハワイ旅行を快適で豪華に楽しみたいのであれば、ビジネスクラスでの移動はとてもお勧めです。 飛行機に乗った瞬間からハワイ旅行を優雅に楽しむことができます。
ハワイ旅行を個人手配旅行で楽しむには、楽天トラベルで航空券とホテルの宿泊を合わせて手配すればとても簡単にすることができてしまいます。
お徳なハワイ旅行に欠かせない格安航空券はこちらにて探すことができます。楽天トラベルでしたら安心してハワイへの格安航空券が手配できます
ハワイ旅行でロコになる準備
あれも食べたいし
これも全部やろう
ダイヤモンドヘッドの日の出からショッピングまでアクティブに
そして明日のことなど考えないで足を延ばしてノースショアまで
今の私だからできる旅がここにあります
この記事では楽天に掲載されている商品をご紹介させていただいています