日本とハワイの時差について

日本とハワイの時差は19時間となっています。

 

ハワイの場所が日本からですと日付変更線をまたいで東にあることから、ハワイの時間は日本よりも19時間遅れとなっています。

 

ハワイの時間はハワイ・アリューシャン標準時(HAST)と呼ばれていて、協定世界時(UTC)から10時間遅れた(マイナスとなった)標準時となっています。

 

ハワイ・アリューシャン標準時が使用されているのはオアフ島、カウアイ島、マウイ島、ハワイ島、タヒチ島です。

 

日本標準時(JST)は協定世界時(UTC)から9時間進んだ標準時となっていることから、ハワイと日本との時差の19時間となります。

 

ハワイは日本と同様にサマータイムを導入していませんので、一年中時差は19時間となっています。

 

 

現在のハワイ時間はこちらです

 

ホノルル

 

日本時間と比較してください。

 

日本

 

 

 

 

時差が19時間あるのがわかります。

 

ハワイから日本へ電話連絡やメールをする際に、日本の時間を知りたい場合には、当サイトの時計を見て頂きますと便利だと思います。

日本でハワイの時間の出し方について

ハワイにいる方に日本から電話やメールをする場合には、ハワイでの現在の時間を知っておいた方が良いと思います。

 

ハワイの現在時刻の出し方は日本時間から19時間戻す(マイナスする)だけです。

 

たとえば日本が1月1日の午後8時(20時)であれば、ハワイは19時間前の1月1日の午前1時となります。

 

また、日本が1月1日の午後5時(17時)であれば、ハワイは19時間前、前日の12月31日の午後10時(22時)ということになります。

 

当サイトをブックマークしておいて頂ければ現在のハワイ時間と日本時間の表示をしてありますので計算しなくても知ることができます。

 

ハワイで日本の時間の出し方について

ハワイ滞在中に日本に電話やメールをする場合にも現在の日本時間を確認しておいたほうが良いでしょう。

 

ハワイでの日本時間の出し方はハワイ時間に19時間プラスすれば良いのです。

 

ハワイで2月1日の午後3時(15時)であれば日本時間は19時間プラスですから、日本は2月2日の午前10時となります。

 

19時間も足す計算が大変であれば、もうひとつの日本時間の出し方としてはハワイ時間から5時間をマイナスして、日付を1日進めるという方法があります。

 

この計算ですと先ほどの時刻の計算は15時−5時=10時、2月1日から1日進めて2月2日といったことになります。

 

ハワイへのフライトと飛行時間について

下の日本各地の空港からのハワイ旅行では日本を夕方から夜にかけて出発する便となり、7時間程度の飛行時間の後にハワイに到着します。

 

この時のハワイの時間は時差の関係で日本出発日の日の朝にハワイに着くことになります。

 

もちろん飛行時間内にあまり寝ることができないことが多いので、睡眠不足でハワイの滞在がスタートということになってしまうのです。

 

飛行時間中には日本の空港を出てしばらくしますと夕食又は夜食が出されます。

 

夕食後に睡眠となりますが、ハワイ到着前には朝食が出されます。

 

食事の時間を除けば寝ることができるのは4時間ほどですが、この時間が長いと思われるかどうかは個人差があります。

 

この4時間でぐっすり寝ることができるのはやはりフルフラットになるビジネスクラスの席ですね。

 

座った状態で4時間もいるのは苦手という方も多いと思いますが、そういった方は料金が高いのですがビジネスクラスの席を利用することをおすすめします。

 

日本からハワイへ行く時よりもハワイから日本へ帰る時に時間がかかるのは、高度が高い所で流れているジェット気流(偏西風)の影響によるものです。

 

日本からハワイに行く時は追い風となりますが、ハワイから日本に帰る場合は向かい風となり時間がかかってしまうのです。

 

ただし時期によってジェット気流の強さは変わってきます。

 

冬から春にはジェット気流は強くなり、夏から秋の初めは弱まります。

 

そのため冬から春はハワイ行きの搭乗時間が6時間半で、日本への帰りは9時間ほど、夏から秋の始めは往復とも7時間半ほどとなるのです。

 

 

ちなみに下記は4月のスケジュールとなっています。

 

成田空港からのフライトスケジュール

 

成田空港発ホノルル行

 

航空会社 便名 出発時間 到着時間 所要時間

 

全日空 NH184 18:40 7:00 7時間20分

 

ユナイテッド航空 UA8010 18:40 7:00 7時間20分

 

ユナイテッド航空 UA90218:557:00 7時間05分

 

全日空 NH7024 118:557:00 7時間05分

 

デルタ航空 DL180 19:00 7:18 7時間18分

 

日本航空 JL786 20:00 8:40 7時間40分

 

日本航空 JL780 20:00 9:15 7時間30分

 

アメリカン航空 AA8409 20:00 9:15 7時間30分

 

ハワイアン航空 HA822 21:009:00 7時間0分

 

ターキッシュエアラインズ TK9146 21:009:00 7時間0分

 

日本航空 JL784 21:15 9:55 7時間40分

 

大韓航空 KE00121:20 9:30 7時間10分

 

デルタ航空 DL182 21:30 9:42 7時間12分

 

全日空 NH182 21:35 9:55 7時間20分

 

ユナイテッド航空 UA7940 21:35 9:55 7時間20分

 

日本航空 JL782 22:00 10:30 7時間30分

 

アメリカン航空 AA8453 22:00 10:30 7時間30分

 

 

ホノルル発成田空港行き
(ダニエル・K・イノウエ国際空港発)

 

成田への到着は出発日の翌日となります。

 

航空会社 便名 出発時間 到着時間 所要時間

 

全日空 NH183 9:30 13:00 8時間30分

 

ユナイテッド航空 UA8011 9:3013:00  8時間30分

 

デルタ航空DL181 9:5314:00 9時間7分

 

ユナイテッド航空 UA903 10:1013:25 8時間15分

 

全日空 NH7025 10:10 13:25 8時間15分

 

日本航空 JL78511:1014:55  8時間45分

 

大韓航空 KE00211:10 15:20 9時間10分

 

デルタ航空DL183 11:28 15:00 8時間32分

 

日本航空 JL78112:3516:15 8時間40分

 

アメリカン航空 AA8423 12:3516:15 8時間40分

 

全日空 NH181 12:45 16:15  8時間30分

 

ユナイテッド航空 UA7981 12:45 16:15 8時間30分

 

日本航空 JL783 13:3517:20 8時間45分

 

ハワイアン航空 HA821 14:45 19:00 9時間15分

 

ターキッシュエアライン TK9145 14:45 19:00 9時間15分

 

日本航空 JL789 14:50 18:30 8時間40分

 

アメリカン航空 AA8410 14:50 18:30 8時間40分

 

 

羽田空港からのフライトスケジュール

 

羽田からホノルル

 

航空会社 便名 出発時間 到着時間 所要時間

 

ハワイアン航空 HA458 21:30 09:45 7時間15分

 

全日空 NH186 21:55 10:25 7時間30分

 

ユナイテッド航空 UA7984 21:55 10:25 7時間30分

 

ハワイアン航空 HA856 23:55 12:10 7時間15分

 

ホノルルから羽田

 

航空会社 便名 出発時間 到着時間 所要時間

 

全日空 NH185 13:35 17:25 8時間50分

 

ユナイテッド航空 UA7985 13:35 17:25 8時間50分

 

ハワイアン航空 HA457 15:20 19:30 9時間10分

 

ハワイアン航空 HA855 17:55 22:05 9時間10分

 

関西国際空港からのフライトスケジュール

 

関西からホノルル

 

航空会社 便名出発時間到着時間 所要時間

 

スクート TR700 17:50 07:00 8時間10分

 

日本航空 JL8792 19:05 07:50 7時間45分

 

デルタ航空 DL278 20:05 08:55 7時間50分

 

ハワイアン航空 HA450 21:20  9:55 7時間35分

 

日本航空 JL792 22:05 11:10 8時間5分

 

エアアジアX D71 23:25 12:30 8時間5分

 

ホノルルから関西

 

航空会社便名出発時間到着時間 所要時間

 

スクートTR701 9:00 12:30 8時間30分

 

デルタ航空DL277 12:59 18:05 10時間6分

 

日本航空 JL791 14:10 18:30 9時間20分

 

ハワイアン航空 HA449 14:20 19:20 10時間0分

 

エアアジアX D72 16:00 20:25 9時間25分

 

 

中部国際空港からのスケジュール

 

中部からホノルル

 

航空会社 便名 出発時間 到着時間 所要時間

 

デルタ航空 DL612 21:35 09:59 7時間24分

 

日本航空 JL794 22:00 10:50 7時間50分

 

ホノルルから中部

 

航空会社 便名 出発時間 到着時間 所要時間

 

日本航空 JL793 12:00 16:10 9時間0分

 

デルタ航空 DL611 15:43 19:50 9時間7分

 

 

新千歳空港からのスケジュール

 

新千歳からホノルル

 

航空会社便名出発時間到着時間 所要時間

 

ハワイアン航空 HA442 20:00 8:20 7時間20分

 

ホノルルから新千歳

 

ハワイアン航空 12:45 17:00 9時間15分

 

福岡空港からのスケジュール

 

福岡からホノルル

 

航空会社便名出発時間到着時間 所要時間

 

デルタ航空 DL598 19:35 8:02 7時間27分

 

ホノルルから福岡

 

デルタ航空 DL599 11:33 17:50 11時間17分

 

フライト時間は調べた時点のものですから参考として見てください。

 

往路は日本の空港を出発して約7時間後にハワイに到着すると出発当日の朝になるのが予定表からわかります。

 

復路はハワイを日中に出発しますと翌日の午後に到着しますので、機中1泊となってしまうのです。

ハワイ旅行の日程と時差による滞在について

ハワイ旅行をツアーの日程表で見ますと最短の5日間のツアーでは3泊となっていて、1泊分はどうなったのかと思われる方もいると思います。

 

この旅行日程も日本とハワイの時差に起因します。

 

ハワイへの旅行は日本時間の夜に出発のフライトが多いのですが、時差の関係でハワイに到着するのは出発当日の朝着ということになります。

 

夜日本の空港を出てきたのにハワイに着きますと当日の朝からまたスタートできるということから旅程では1日プラスしたような徳をした気分になります。

 

ところが帰国の日はハワイを4日目の日中に帰国便に乗るのですが、7時間ほどのフライト中に日付変更線を通過しますので、日本に着くのは翌日となってしまいます。

 

そのため飛行機内で機中1泊となることから3泊5日のハワイツアーとなるのです。

 

時差ボケと防止方法について

ハワイ旅行で日本からハワイへ行く場合のフライト時間は7時間ほどとなりますが、日本を午後8時に出発した飛行機は7時間後にはハワイに到着します。

 

日本時間にしますと翌日の午前3時なのですが、時差の関係で到着するのは出発当日の午前8時となります。

 

もちろんフライト時間の7時間中に十分寝ることが出来れば良いのですが、実際には日本出発後に飛行が安定しますと夕食の機内食がだされますし、ハワイ到着の前には朝食もサービスされます。

 

機内で夕食後に映画でも見てしまいますと睡眠時間は3時間以下となってしまい、中には一睡もできずに朝8時のハワイ到着となってしまうのです。

 

このため時差ボケが発生してしまうのですが、時差ボケの防止として一番良いのは機内食も全てキャンセルして機内に搭乗したらすぐに寝てしまうことです。

 

日本の空港で搭乗手続き前に食事は終わらせておいて機内ではしっかり寝ておいた方が、ハワイに着いてから寝不足にもならずに快適に旅行を楽しめるのではないでしょうか。

 

では素人調査隊は実際にはどうしているかをお教えします。

 

日本からハワイのフライトはハワイへ行くと思うとウキウキで、機内食もしっかり食べて映画も見てしまいます。

 

それでも出発から4時間ほどしますと日本時間では夜の12時頃となりますのでさすがに眠くなり寝ます。

 

そうしますとホノルル空港到着1時間前には朝食のサービスとなりますので起こされます。

 

朝食もしっかり食べますので睡眠時間は2時間ほどとなってしまいます。

 

時差ボケを解消するには到着1日目に頑張って寝ずに、夜まで起きていることだとよく言われますが私には無理です。

 

2時間の睡眠ではとても眠たく、我慢が出来ません。

 

そのためハワイで宿泊するホテルは到着後すぐにチェックインできるようにします。

 

そうしてホテルで3時間ほど寝ることにします。

 

ホテルに10時にチェックインして3時間寝ますと午後1時です。

 

遅めのランチと共にハワイ到着1日目をスタートさせます。

 

睡眠は十分ではありませんが、これ以上寝てしまうと起きるのが夕方となってしまい、夜に寝られなくなってしまって時差ボケを引きずることになってしまいます。

 

1日目のディナー後はホテルの部屋へ戻り入浴してくつろぎましたら早く寝ます。

 

そうしますと2日目からは普通の生活リズムと私の場合はなっています。

 

ハワイ旅行でのホテルのアーリーチェックインについての記事はこちらになります。

 

 <アーリーチェックイン利用はお勧め>

 

機内で快適に過ごすために

日本からハワイまでの飛行機の中ではなかなか寝ることが出来ませんので、すこしでもゆったりと過ごし、体を休めて少しの時間であってもしっかり寝ることができる工夫をしましょう。
機内は飛行機の高度が高いことより寒さを感じることがあります。

 

快適に過ごすには機内で寒さを感じない様に寒さ対策をしましょう。

 

日本の冬など長袖を着ている時期の旅行は良いのですが、夏は半そでで飛行機に乗る方が多いのではないでしょうか。

 

機内には手荷物として寒い場合には薄手の羽織るものを持ち込むことをお勧めします。

 

そして機内でゆったり過ごすのにお勧めなのがスリッパです。

 

アイマスクは個人的には必要ないですが、暗くないと寝ることが出来ない方など必要と思われる方には便利です。

 

機内で寝るのにとても効果を感じたのは耳栓でした。

 

機内ではジェットエンジンの音がするのですが、そういった音が聞こえなくなるだけでぐっすり寝ることができます。

 

飛行機の中の空気はとても乾燥しています。

 

そのため乾燥対策の物も用意しましょう。

 

我が家では乾燥対策としてマスクとリップクリーム、飲み水のボトルを用意します。

 

水はもらうこともできますが、口が渇いた時にすぐ飲むことができればとても便利なのです。

 

一口水を飲めばまたすぐに寝ることもできます。

時差ボケ予防について

日本からハワイに行く際におすすめの時差ボケ予防方法は飛行機に搭乗しましたらすぐに寝ることです。

 

機内では食事のサービスがありますが、キャビンアテンダントの方に要らないと事前に言えば食事が配られる際も起こさないでくれます。

 

そうして機内でひたすら寝ますとハワイまで6時間から7時間ほどの睡眠時間となります。

 

これだけ睡眠時間を取ることができればハワイに朝到着した際に睡眠不足ではありませんので元気に1日目から楽しむことができます。

 

夜まで普通に過ごすことができ、就寝時間になりましたらしっかり寝ることで時差ボケにはなりません。

 

せっかくの機内食はもったいないですし、機内で見たい映画もあるかもしれませんが、ハワイでの時差ボケのない快適な滞在のためには我慢しましょう。

 

またハワイに着きましたら脳や体が目覚めるストレッチ運動をしてみましょう。

 

人間の脳は体温が上がると覚醒しますので寝不足を吹き飛ばしてくれます。

 

またハワイの朝の強い朝日を浴びますと体内時計がリセットされます。

 

1日目が睡眠不足で多少眠たくても昼寝をしないで夜まで起きていることが大切です。

 

機内での過ごし方と1日目の過ごし方で時差ボケは予防できます。

 



楽天トラベルのハワイ旅行での情報
ハワイ旅行を個人手配する方で、ハワイのホテルにお得に宿泊できるプランをお探しの方にお勧めななおが楽天トラベルの宿泊プランです。 特別レートや連泊での割引、朝食付きプランなどを探すことができます。
宿泊するホテルの部屋をオーシャンビューなどにアップグレードしてくれるプランのあるハワイのホテルの情報です。 せっかくのハワイ旅行ですから、海の景色が楽しめる部屋で滞在を楽しみたいものです。
ハワイ旅行を快適で豪華に楽しみたいのであれば、ビジネスクラスでの移動はとてもお勧めです。 飛行機に乗った瞬間からハワイ旅行を優雅に楽しむことができます。
ハワイ旅行を個人手配旅行で楽しむには、楽天トラベルで航空券とホテルの宿泊を合わせて手配すればとても簡単にすることができてしまいます。
お徳なハワイ旅行に欠かせない格安航空券はこちらにて探すことができます。楽天トラベルでしたら安心してハワイへの格安航空券が手配できます
ハワイ旅行でロコになる準備
あれも食べたいし
これも全部やろう
ダイヤモンドヘッドの日の出からショッピングまでアクティブに
そして明日のことなど考えないで足を延ばしてノースショアまで
今の私だからできる旅がここにあります
この記事では楽天に掲載されている商品をご紹介させていただいています

TOPへ