ハワイの気候について

常夏の島ハワイと言われます様にハワイは1年を通して気温の変化が少ないのです。

 

そのため1年のいつ行っても海やプールで遊べるかといいますとそうではなく、雨が降る時には肌寒くて遊ぶことができない時もあり、半そでショートパンツで過ごすには少し寒いということがあります。

 

それは常夏の島ハワイと言われていますが、大きく分けて乾季と雨季の2つの季節があることによるのです。

 

ハワイの乾季は4月から9月で、この時期がハワイの夏となります。

 

ハワイの夏は最高気温が30度以上となる日もあり、最低気温も22度ほどですからビーチリゾートらしく海やプールで一日中遊ぶことができます。

 

ハワイの雨季は10月から3月で、この時期がハワイの冬となります。

 

通常は雨季と言いましても朝や晩に少し冷え込み、雨は降ったとしても南の島らしくシャワー程度となります。

 

ところが最近はハワイでも異常気象の影響か一日中雨が降ったり、強い風が吹いたりと悪天候が続くこともあるのです。

 

ハワイの冬はといいますと最高気温が27度ほど、最低気温は18度ほどになる日もあり、海やプールで遊ぶには寒く感じることがあります。

 

またハワイは地域によっても気候が少し違います。

 

ハワイは北東から貿易風が吹いているため、貿易風で運ばれて来た雲がハワイの島の山にぶつかって、北東部は雨が降る事が多くなるのです。

 

島の南西部は雨が北東部に比べますと少ないということになります。

 

たとえばハワイ旅行で多くの方が滞在しますオアフ島のワイキキは、貿易風がコオラウ山脈にぶつかることから晴天率が高いのです。

 

さらに南西部となりますディズニー・リゾート&スパ アウラニがあるコオリナはワイキキよりも降水量が少ないのです。

 

晴天率は90%だそうですから、雨季の滞在にはお勧めの場所なのではないでしょうか。

 

 

 

この地図の右側から左側に向けて貿易風は吹いています。

 

コオラウ山脈だけでなくワイアナエ山脈も気候には関係しているのでしょうね。

 

 
写真提供:ハワイ州観光局

ハワイの気温と降水量について

ハワイのワイキキの年間の気温と降水量は次の様になっています。
数値は直近の1年のものとなっています。

 

1月(雨季)
最低気温 19.2℃
最高気温 27.0℃
降水量 49.6mm

 

2月(雨季)
最低気温 19.7℃
最高気温 26.7℃
降水量 52.3mm

 

3月(雨季)
最低気温 21.0℃
最高気温 28.2℃
降水量 49.9mm

 

4月(乾期)
最低気温 21.9℃
最高気温 29.0℃
降水量 14.9mm

 

5月(乾期)
最低気温 22.0℃
最高気温 29.6℃
降水量 16.9mm

 

6月(乾期)
最低気温 23.3℃
最高気温 30.1℃
降水量 6.2mm

 

7月(乾期)
最低気温 24.2℃
最高気温 31.0℃
降水量 11.3mm

 

8月(乾期)
最低気温 24.1℃
最高気温 31.6℃
降水量 12.8mm

 

9月(乾期)
最低気温 23.7℃
最高気温 30.3℃
降水量 17.9mm

 

10月(雨季)
最低気温 23.4℃
最高気温 29.8℃
降水量 42.6mm

 

11月(雨季)
最低気温 21.9℃
最高気温 28.5℃
降水量 62.2mm

 

12月(雨季)
最低気温 20.4℃
最高気温 26.9℃
降水量 74.3mm

 

ここ1年間では雨季と乾季の降水量ははっきりと違っています。

 

降水量と気温を見ますとハワイ旅行のベストシーズンは6月から8月が最高の時期と言えると思います。

 

最高気温は30℃を超えていますが、ハワイの場合は暑いといいましても湿度が高くないので、ムシムシとすることはなく、貿易風のおかげでサラサラとしていますので快適なのです。

 

 


写真提供:ハワイ州観光局

気温と服装について

ハワイの服装は基本的には日本の夏の服装で十分です。

 

ただし最低気温が乾期であっても朝夕は20℃近くまで下がることもあり、雨季には20℃よりも寒くなることがあります。

 

そのため服装として上に羽織るものは必ず持って行きましょう。

 

ハワイでは建物内やバスなどの乗り物の冷房が寒い程冷えていることがあります。

 

そういった時にも体を冷やさない様に上から着るものを用意する必要があります。

 

ハワイの海の海水温度

ハワイの海の海水温度は冬の24℃からか夏の27℃となっています。

 

それに対して日本の夏の海水浴場の温度は25℃程と言われていますので、やはりハワイの海は一年中泳げるということになります。

 

私たちが雨季の天気のよくない日にワイキキの海で遊んだ時は気温よりも水温が高い日でしたから、海の中に入っていた方が温かかったということがありました。

 

ただし海から出ますと寒いので、すぐに体を拭いてホテルに戻る必要がありました。

 

ハワイの海の海水温は次となります。

 

1月(雨季) 24℃
2月(雨季) 24℃
3月(雨季) 24℃
4月(乾期) 24℃
5月(乾期) 25℃
6月(乾期) 26℃
7月(乾期) 26℃
8月(乾期) 27℃
9月(乾期) 27℃
10月(雨季) 27℃
11月(雨季) 26℃
12月(雨季) 25℃

 

ちなみにワイキキの今日の海水温はこちらのサイトで見ることができます。

 

 

http://www.surf-forecast.com/breaks/Waikiki_3/seatemp

 

台風(ハリケーン)シーズンについて

ハワイにも台風シーズンがあります。

 

私たちがハワイに滞在していた時も天気予報ではオアフ島直撃と言われどういようかと困ったことがありました。

 

結局オアフ島接近直前に進路が変わって上陸はしなく、風が強いなという程度で終わりとても良かったと思いました。

 

ハワイには台風はあまり来ないと言われていますが、過去には何回か来ていますので、台風シーズンには注意した方が良いのは確かです。

 

ハワイの台風(ハリケーン)シーズンは6月から11月と言われています。

 

この時期にハワイ旅行の方はハワイ周辺の雲の状況などを確認すると良いでしょう。

 

ハワイ周辺の雲の様子を見ることができるサイトはこちらになります。

 

< ⇒ ハリケーンの情報がわかるサイト>

マウイ島の気候

ハワイ旅行でマウイ島に行かれる方も多いと思います。

 

マウイ島は基本的にはオアフ島と同じ雨季と乾季の気候となりますが、やはり貿易風と島の山脈によって気候が違っています。

 

マウイ島には3高さが3,000メートルを超える山のハレアカラがあることから風上の東側エリアは年間を通して降水量が多いエリアとなります。

 

反対側の西側にありますリゾートエリアのカアナパリ、ラハイナ、ワイレアは東側で雨が降った後の乾燥した空気の影響で晴れの日が多くなります。

 

ハワイ島の気候

ハワイ島は4,000メートルを超える山が2つもあることから気候は貿易風だけでなく高度によっても違ってきます。

 

ハワイ島の東側では4,000メートルを超えるマウナケアやマウナロアに貿易風がぶつかって雨がふることから、1年を通じて降雨量が多くなります。

 

東側にありますヒロの町はなんと全米で一番降水量が多いのだそうです。

 

そして反対の西側のワイコロアではあまり雨が降りません。

 

そして標高が高くなり高山地域になりますと気温がぐっと下がります。

 

マウナケアやマウナロアでは雨季には雪が降って積もります。

 

 



楽天トラベルのハワイ旅行での情報
ハワイ旅行を個人手配する方で、ハワイのホテルにお得に宿泊できるプランをお探しの方にお勧めななおが楽天トラベルの宿泊プランです。 特別レートや連泊での割引、朝食付きプランなどを探すことができます。
宿泊するホテルの部屋をオーシャンビューなどにアップグレードしてくれるプランのあるハワイのホテルの情報です。 せっかくのハワイ旅行ですから、海の景色が楽しめる部屋で滞在を楽しみたいものです。
ハワイ旅行を快適で豪華に楽しみたいのであれば、ビジネスクラスでの移動はとてもお勧めです。 飛行機に乗った瞬間からハワイ旅行を優雅に楽しむことができます。
ハワイ旅行を個人手配旅行で楽しむには、楽天トラベルで航空券とホテルの宿泊を合わせて手配すればとても簡単にすることができてしまいます。
お徳なハワイ旅行に欠かせない格安航空券はこちらにて探すことができます。楽天トラベルでしたら安心してハワイへの格安航空券が手配できます
ハワイ旅行でロコになる準備
あれも食べたいし
これも全部やろう
ダイヤモンドヘッドの日の出からショッピングまでアクティブに
そして明日のことなど考えないで足を延ばしてノースショアまで
今の私だからできる旅がここにあります
この記事では楽天に掲載されている商品をご紹介させていただいています

TOPへ