ハワイのハナウマ湾に行くのは結構大変です

 我が家のハワイ旅行でオアフ島、ワイキキの旅行の場合にはハナウマ湾によく行きます。

 

 ハナウマ湾の景色はすばらしく、駐車場から見下ろす景色は「ブルーハワイ」という言葉にふさわしく、カーブしたという意味のハナウマという言葉にふさわしいとても綺麗な湾です。

 

 このハナウマ湾の写真を見て、ハワイへ行ったのであればここへ行きたいと思われる方も多いと思います。

 

 実際我が家もそう思いシュノーケリングや体験ダイビングをハナウマ湾で行っています。
 ハナウマ湾は海水浴場の公園ではなく、海洋保護区となっているのですが、残念ながら湾内にありますサンゴはほとんど死んでいる状態でした。

 

 綺麗な海にサンゴの水中風景を想像した方にはがっかりということになってしまいます。

 

 私たちは体験ダイビングで水深10メートルほどのところまで行ったのですが、元気なサンゴはまばらです。

 

 駐車場からの眺めでサンゴのリーフが黒く見えますが、これはほとんどが死滅したサンゴの残骸だと思います。

 

 このことでがっかりする方もみえると思いますが、サンゴはなくても魚はとてもたくさんいます。

 

 魚たちは海洋保護区ということもあってか人をあまり怖がりませんので、近くでじっくり見ることが出来ます。

 

 ビーチの右側にありますレンタルブースではシュノーケリングの3点セットが借りられますので、是非魚や海がめを見にシュノーケルしてください。

 

 レンタルブースではビーチマットのレンタルもありますし、荷物を預けるロッカーの利用も出来ます。

 

 湾内の浅いところにはソンシハギ、レモンバタフライ、アイストライプなどの魚がいっぱいいます。

 

 湾内の真ん中近辺のリーフの切れ目付近にはウツボもいますし、その先にはアオブダイ、ツノダシもいます。

 

 右手の湾の口近辺では海がめもいますし、大型の魚にも遭遇できるかもしれません。

 

 シュノーケリング中は湾内の潮の流れにも注意しましょう。

 

 それほど強い流れではありませんが、左側に向かって潮の流れがあります。

 

 オアフ島で映画の撮影地ともなったハナウマ湾はとてもきれいなビーチですが、保護されている場所のことから、自然を守ることについての認識が大切な場所となっています。。

 

 

 そのためハナウマ湾に入場するためには海洋教育センターで約7分間の教育ビデオを見ることが義務付けられています。

 

 教育ビデオといいましてもハワイらしいBGMで、魚との触れ合いなどについての説明を見るだけです。

 

 ハワイのきれいな海を守るためですから、しっかり見てみましょう。

 

 自然を守るためにハナウマ湾は毎週火曜日はクローズされますし、もちろん全面禁煙となっています。

 

 またアクセスもビーチまでは駐車場から標高差があることから、ハナウマ湾に行くには駐車場からかなりの坂道を下らなければ行けません。

 

 小さな子供連れの場合や年配者がいる場合にはこの坂道を行き来していますトラムを利用すると便利です。

 

 10分から15分間隔で下り1ドル、上り1.25ドルとなっています。

 

  次はこのハナウマ湾に行く方法についてです。

ツアーで行く

 ハナウマ湾へのツアーバスでの観光は禁止されているので、ではどうなっているかといいますと途中でツアーバスから降り、タクシーでハナウマ湾に行くというシステムになっているのです。

 

 タクシーによるハナウマ湾の入場はできますので、ツアーバスとハナウマ湾をタクシーでピストン輸送という形態になっているのです。

 

 ハナウマ湾へのシュノーケリングツアーは、格安なのですが各ホテルでのツアーバスによるピックアップと、タクシーによるピストン輸送で時間が少しかかってしまうのが難点かもしれません。

レンタカーで行く方法

 ワイキキでレンタカーを借りた方でハナウマ湾観光をしたい方には一番良い方法ですが、駐車場の問題があります。

 

 ハナウマ湾は人気のスポットのため駐車場はすぐに満車となってしまいます。

 

 日によっては駐車場待ちの車の長い列ができている時があります。

 

 レンタカーでハナウマ湾観光を予定されるのであれば、確実にレンタカーを停めるのであれば朝8時頃ぐらいにハナウマ湾の駐車場に行くというのがお勧めです。

 

 午後にゆっくり楽しむというのも穴場で、ハナウマ湾観光に午前中に来て帰られる方が多いことから、午前中から来た方が帰る時間でしたら、駐車場も少しずつ空いてきますのでねらい目です。

ザ・バスで行く方法

 ハナウマ湾まで格安な料金でルで行ける方法がザ・バスで行く方法です。 

 

 ハナウマ湾までバスで行くには22番バスに乗ります。

 

 ただしこのバスで行く方法にも難点がありまして、このバスの運行は始発から30分から1時間に一本の割合で運行しているのですが、ハナウマ湾の入り口まで乗り入れているために観光客の人気が高いので少ない便数とあいまってとても混むのです。

 

 時には通勤ラッシュ時並となりますので、泳ぎ疲れた帰りのバスでも座れないということになります。

 

 22番のTHE BEACH BUS / Hawai kai, Hanauma Bay, Sea Life Park 行きのバスは、ワイキキゲートウェイ公園が始発となっていますが、2〜3箇所のバス停で席は満席となりますので、確実に座ってハナウマ湾に行きたいのであれば始発のバス停まで行かれることをお勧めします。

ワイキキトロリーで行く方法

 ワイキキトロリーのシーサイド観光コースのブルーラインでは、ハナウマ湾では下車できずに車窓からの観光となりますので、正確にはワイキキトロリーでハナウマ湾には行けないということになります。

 

 ですからワイキキトロリーの場合は手前の停車場のココ・マリーナ・ショッピングセンターで下車して、あとはタクシーを利用してハナウマ湾に行きます。

 

 これですと泊まっているホテルからタクシー利用でハナウマ湾に行くよりも格安でタクシー利用でハナウマ湾に行くことができます。

 

ハワイ,ハナウマ湾,行った,感想,おすすめ,行く方法



楽天トラベルのハワイ旅行での情報
ハワイ旅行を個人手配する方で、ハワイのホテルにお得に宿泊できるプランをお探しの方にお勧めななおが楽天トラベルの宿泊プランです。 特別レートや連泊での割引、朝食付きプランなどを探すことができます。
宿泊するホテルの部屋をオーシャンビューなどにアップグレードしてくれるプランのあるハワイのホテルの情報です。 せっかくのハワイ旅行ですから、海の景色が楽しめる部屋で滞在を楽しみたいものです。
ハワイ旅行を快適で豪華に楽しみたいのであれば、ビジネスクラスでの移動はとてもお勧めです。 飛行機に乗った瞬間からハワイ旅行を優雅に楽しむことができます。
ハワイ旅行を個人手配旅行で楽しむには、楽天トラベルで航空券とホテルの宿泊を合わせて手配すればとても簡単にすることができてしまいます。
お徳なハワイ旅行に欠かせない格安航空券はこちらにて探すことができます。楽天トラベルでしたら安心してハワイへの格安航空券が手配できます
ハワイ旅行でロコになる準備
あれも食べたいし
これも全部やろう
ダイヤモンドヘッドの日の出からショッピングまでアクティブに
そして明日のことなど考えないで足を延ばしてノースショアまで
今の私だからできる旅がここにあります
この記事では楽天に掲載されている商品をご紹介させていただいています



サイトは素人調査隊がグアム旅行の際に体験したことや、調べた時点の情報となっています。
記事内容が最新の情報と違っている場合がありますのでご容赦ください。
サイトの記事等で問題がございましたら訂正させて頂きます。
大変申し訳ございませんがご連絡を頂けます様よろしくお願いいたします。
連絡先
sutekinatabinotomo@yahoo.co.jp
TOPへ